CATEGORY

論理思考と仮説思考

『情報検索力』を論理的に考察してみる

理工学修士兼MBA。IT業界歴15年、コンサルタント歴6年。Googleなどの「検索」は比較的使いこなしている方だと思います。 そんな私が、今回は「検索力」について考えてみたいと思います。

ブレグジット合意なき離脱騒動-論理思考で考えればもめるのは当然

日常論理思考ーブレグジット考察『論理的帰結としての「合意なき離脱」』 ブレグジットで、イギリスとEUの交渉は、泥沼になってますね。 『合意なき離脱の可能性高まる』のニュースをみて(2019/03/30現在)、半年前に論理思考研修で、添削した「パートナー契約交渉のメール」を思い出しました。多分同じ構造です。 もちろん、どんなことでも国民の総意をとるというのは、元から難しい。ただし、ブレグジットの合意 […]

【書評】『誤解学』論理思考でわかりやすい文章を書くノウハウ

「渋滞学」で有名な東大教授西成さんの本です。西成さんは、理系中の理系、工学系の科学者です。「誤解学」という、ふつうに考えると文系の話題に思えます。誤解学という言語学、コミュニケーション学が主体となりそうな題材を一貫して理系の切り口で扱っているのが面白いところです。

【子育てに学ぶ学習理論】娘に4歳から仮説思考を教えてみた

変化の激しいビジネス環境で必要なスキルの一つが、「仮説検証スキル」「仮説思考」です。しかし、仮説思考を、身につけること、ましてや教えることは、難しいものです。 そこで、仮説思考を4才児に教えられるか、自分の子供で試してみました。さて、教えることはできたのか?「子育てに学ぶ人材開発:4才児に仮説検証を教えてみた」としてまとめました。

赤ペン添削式論理思考研修ー主催者インタビュー

外資系保険会社広告宣伝部メンバーに赤ペン添削式論理思考研修を3時間×5回で開催しました。主催者である広告宣伝部長のOさんに、ロジカルシンキング研修開催のきっかけや効果、「実務の業務メール個別添削」の成果などについて伺いました。

論理思考講師の『問題解決型 エグゼクティブ・コーチング』

海老原です。 これから海老原がやっていくことを書いていきたいと思います。まずは、「エグゼクティブ・コーチング」です。これは「海老原貸します。無料お試し中」に問合せいただいて、やってみたら「面白そう+私の価値が出せそう」なので、ライフワーク的にやっていきたいと思います。

論理思考スキルが高い人は、ここが違う -伝わる文章は相手目線で書く

海老原です。 私が、論理思考研修の実例添削でよく指摘するのが「相手目線で書いていますか?」ということ。論理思考スキルが高い人は「自分目線」と「相手目線」を自由に行き来できます。 1.論理思考のポイントは相手目線 相手目線で書かれていない文章例「駐輪場申込書」 駐輪場申込用紙トップに「インターネット環境がない方の申し込みの流れ」とありました。ということは、「インターネット環境のある方」の申し込みサイ […]